自閉症の子育て。当たり前の成長なんてないと気づく。

IMG_1500

息子が年中に進級しました。

1年前の入園式のとき、
息子はじっと座っていられませんでした。
(今もですけど・・・。)

自分のイスに座れない息子を
ギュッと抱きしめて座っていましたが
先生が「少し離しても大丈夫ですよ」
と言うので離すと案の上、
ピューンと走っていってしまいました。

あぁ・・・やっぱり。。。

わたしはぐったり疲れたのを覚えています。
せっかくの写真も緊張と疲れで険しい顔でした。(笑)

1年経って成長した我が子に驚きが隠せない

そう思うと1年経ってみるみる成長した
我が子が信じられません。

あの頃はアンパンマンさえ言えなかったのに
いまは息子と簡単な会話ができるようになりました。
都合が悪いと聞こえないフリまでします。(笑)
言ってること分かってるのかな?
と探りながら目を見て確かめていたのが嘘のよう。

話せるって本当に便利ですね。(しみじみ)

息子が話せない頃、わたしは息子を
宇宙人のように感じているときがありました。
思ってることが読み取れず、
話す言葉も宇宙語でしたし。
(なに言ってるか分からなかった)

たくさんのオウム返しを経て、
やっと会話っぽくなってきました。
まだオウム返しもたくさんありますけどね。

最近はお歌が大好きで
歌いながら謎のダンスをしています。。

成長しない子はいない。
この言葉を噛み締める毎日ですね。

首を横にふって”ううん”をしてくれるようになった喜び

子どもが首をふって
うんとかううんとかの意思表示って
当たり前と思われてると思うのですが。。

息子の返事は常に「はい」で、
「うん」と言ってくれたことも
頷いてくれたことも未だにありません。

それが今年に入って首を横にふって
”ううん””いや”ができるようになり、
なんてかわいいんだ!!
と狂喜乱舞しました。(大げさ)

あまりにかわいくて
息子が否定しそうなことをたくさん言ってみたり。
(ただの嫌がらせ。笑)

今までペンを持つことさえ嫌がっていたのに
お絵描きを自主的にするようになったり。

似顔絵を描いたとき
「上手だねー」「すごいすごい!」
とたくさんほめられたのが
嬉しかったみたいです。

なので描くのも顔の絵ばかりですが。(笑)

子どもの成長が当たり前でないと気づいたから
小さな一歩に気づけるようになり、
それが大きな喜びにつながっています。

今年も一年いろいろあると思いますが、
子どもと向き合い、毎日楽しく進みたいです。

お読みいただきありがとうございます。

読みました、の証に押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ