丁寧な暮らしのヒント。コーヒーの入れ方一つで生活の質が向上する

キッチン断捨離をしているときに見つけた使ってないコーヒードリッパー。

最近はお手軽な個包装になったドリップバッグばかり使っていました。
すぐに出来て、それなりに美味しいから。

夫のモノだったので今後も使うかどうか聞くと
「ドリッパーで入れるコーヒーは美味しいよ」
というので試しにコーヒー豆とコーヒーフィルターを買ってきました。

そしてドリッパーでコーヒーを入れる生活を始めてみると・・・

ドリッパーでコーヒーを入れると生活の質が向上する

たったこれだけのことで時間にゆとりが生まれました。

IMG_7669

一人分のときはカップに直接ドリッパーセットしてます。

今まではお湯わかして注いですぐ出来上がり、だったのが

お湯をコンロにかけつつドリッパーを用意してフィルターをセット。
コーヒー豆すくって入れてお湯がわくまで静かに待つ。
お湯が沸いたらカップにお湯を入れて少し温める。
ドリッパーにお湯を注いで30秒ほど蒸らす。
3回ほどに分けてお湯を注いで出来上がり。

入れ始めからコーヒー豆のいい香りがあたりに漂い
コーヒー入れ始めると時間の流れがゆったりに変わります。

朝の掃除が終わったあとに一服するこのひとときがとっても大好きになりました。

慌ただしい毎日の中で子どももいるとなかなかゆっくりできないからこそ
こういう時間ってますます大事。

おそらく以前のわたしならドリッパー洗うのが面倒だからとか
本格的に飲むならコーヒーメーカー買おうとか言ってたに違いないけど(笑)

変われば変わるものですね。

IMG_7672

コーヒー豆の保存はフレッシュロック1.1Lを使っています。
400gの粉がピッタリ入りました。
隣は紅茶ですね。
こちらはフレッシュロック300mlで70gの紅茶を入れてます。
フレッシュロックはワンタッチでカチッと簡単に密閉できる優れものです。

茶葉は基本的に光に弱いので、暗所に保存しています。
わたしは中身の見える容器が好きなので使っていますが、
気になる方はやめた方が良いと思います。

ドリップバッグで入れるコーヒーとドリッパーを使って入れるコーヒー。
時間にしたら5分ほどの違い。
たった5分でも時間の使い方次第で余裕が生まれる。
丁寧に暮らすってこういう積み重ねなのかもしれませんね。

もちろんコーヒードリッパーで入れる方がお財布にも優しい。

お湯の速度で味を変えられるハリオの透明コーヒードリッパーはこちら
保存に便利なフレッシュロックはこちら

いつもお読みいただきありがとうございます。