捨てたい派の妻と捨てられない派の夫

092048

わたしが断捨離することによって、
夫とのモノへの考え方の溝は深まるばかりです。(笑)

わたしは基本捨てたい派。
夫は基本とっておきたい派。
真逆になってしまったんですよねー。

夫は元々キレイ好きです。
理路整然とモノが並んでるのが好きで、一つのモノも大事に使う。
簡単に捨てるなんてもってのほか。
掃除できる分、捨てられない人です。

思い出も全てとっておくので、手紙や写真は
絶対に捨てられないタイプです。

わたしは掃除下手だったので、掃除の仕方は
夫をみて勉強しました。

ですが、基本モノを捨てない人なので
モノが増えていく一方なのです。
片付けられなくなると、収納を買い足していく。
それが夫のやり方。

わたしも断捨離するまでは特に問題にも思わず
従っていたのですが、見回してみると
この5年で買い足した棚の多いこと!
なんで違和感感じなかったんだろうと思うレベルです。

棚やラックのパーツもどんどん買い足していくので
余ったパーツもあったりで、正直これいるの?って感じなのですが、、
でも、そこで捨てられないのが夫なのです。

聞いてみると、
「まだ使えるものを捨てることには抵抗を覚える」
「買う時に吟味して買っている」

モノを大事にすると言いつつ、ホコリをかぶった本たち。

でもそれを言ってもね。
人それぞれ価値観って違うので。

人は変えられない。
でも自分は変えられる。

引っ越しまでにいそいそと断捨離していきます。

本日は以上です。
お読みいただきありがとうございます。