捨てるのに必要な考え方は本が教えてくれます

031523
冬になって断捨離ストップしているため、
モノが増え始めました。
ついでに体重も増えたのでダイエット中です。

酵素ドリンクで朝食置き換えだけで300kcal減らす
お気軽ダイエットです。
わたしが使ってるドリンクはこれ。
美的90選ベジライフ酵素液

順調に体重落ちてます。
10日で2キロ落ちましたが、少しハイペース過ぎかな。

久しぶりに断捨離(ミニマリスト)本読み返してます

捨て始めの頃は断捨離、片付け本を中心に読んでましたが、
最近はミニマリスト本が多いです。

片付けは方法が分かればそれで終わりなんですが、
ミニマリストはモノとの向き合い方や心の在り方が中心。
精神論が多いです。

わたしはミニマリストは特に目指してないのですが
考え方を知るために読んでます。

ちなみに読み返した本は
『ぼくたちにもうモノは必要ない』(佐々木典士)

捨てる過程から経験に基づいて書かれてるので
初心者にも読みやすいです。

わたしはゆるりまいさんの
わたしのいえにはなんにもない』シリーズが好きなのですが
なんかもうスッキリしすぎてて冬に見るとちょっと寒い。(笑)

ゆるりまいさん出産されたようで、もうすぐ発売。
『なんにもない部屋で赤ちゃんを育ててみれば』
子どもが産まれてどうなったのか、気になります。買う決定ですね。

ちなみにドラマも始まるようで、、、ミニマリストブームきてますね。

捨てるために必要な思考を知る

ミニマリストの方は
自分に必要なモノが何か、を分かっています。
これが素晴らしいなと思っていて。
そのエッセンスが知りたいんですよね。

捨て始めると分かるんですが、捨ての壁が必ずやってきます。
迷いが出ると手が止まります。
手が止まるといくら捨てたいと思っていても動けません。

捨ての壁をどうすれば超えられるか、
どうやって超えてきたのかは経験者だけが知ってるんですよね。

本読んでると断捨離したくなってきました。
今日はパソコンの中とスマホアプリを断捨離します。
データは定期的な断捨離必須です。

ベジライフ酵素液はこちら
『ぼくたちにもうモノは必要ない』はこちら
『なんにもない部屋で赤ちゃんを育ててみれば』はこちら

いつもお読みいただきありがとうございます。