食器を処分するのが一番苦手です。捨てにくいものを捨てるコツは一つだけ

77132c1d8b0064881d582f86643458c9_s
キッチン用品、食器を処分し始めました。

今回手放した食器を書いてみます。

グラス4つ、ロンググラス3つ、
コーヒーカップ(自分用)、
お客様用汁碗2つ、大皿2枚、
丸皿2枚、調理用ボウルとザル大小各1、
お客様用コーヒーカップセット5客、
お客様用湯のみ5客。

とりあえずこれだけ手放しました。

食器を減らすにあたり、方向性を考えました。

1、用途を兼ねられるものにする

ラーメン&うどん、カレー&パスタ、
スープ&お味噌汁、コーヒー&日本茶など。
それ専用のものはなくしていきます。

2、お客様用をなくす

お客様専用のものが意外と多かったのですが
コーヒーカップや湯のみは
ほとんど使っていませんでした。

3、重複させない

お玉や菜箸、しゃもじやボウルなど
2つ3つ重複しがちですが
全て一つずつ、用途を兼ねるものにしていきます。

4、食器を統一させる

食器は基本白にしています。
片付けたときにスッキリ見えるのが
気に入ってます。

夫婦でお酒を飲むのが趣味なので
ビアグラス、ワイングラス、焼酎カップなどは多いです。
ここはわたしの判断で減らせないので
今のところノータッチです。

食器をどこまで減らせるかはまだ分かりませんが
他のモノを断捨離するときと同じで
1年使ってないモノは処分対象にします。

わたしにとって食器は一番処分しづらいものです。
いつもなら何も考えずに捨てられるのですが、
食器だけは使えるのにと思うと手が止まりがちです。

自分が何も考えず増やしたツケでもあるので仕方ないです。
これからは必要なモノだけ使うと心に決めるしかありません。

捨てにくいものを捨てるときは
できるだけ淡々と使ってるモノと使ってないモノを仕分けることです。
そして短時間で終わらせることです。
時間が長くなればなるほど、心がどんよりしてきます。

苦手なものは短期集中で!
コツはこれだけです。
ちなみにわたしは10分以内に終わらせてます。

モノは最低限、幸せは最大限』の中の
各家庭の写真を見て、刺激をいただいてます。

いつもお読みいただきありがとうございます。