息子に発達の遅れが見つかりました

IMG_3706
来月から子どもが幼稚園に通うのですが、
ここにきて息子の発達に遅れがあることが分かりました。

1歳半健診でも言葉の遅れが指摘されていましたが
結局様子見となっていました。
そして先日3歳児健診を受けたところ、
今度は一度専門家に診てもらいましょうと言われ。

先日発達検査を受けてきました。

医療機関ではないので正式な診断名は出ないんですが
軽度の発達の遅れがある、というのが今の見解だそうです。
わたしたちが思うよりずっと息子の成長は遅かったです。

幼稚園に入園することが決まっているので
並行して、療育も受けてみては?と言われました。

今回こういうお話しになってやはりショックを受けましたが、
少しホッとしている自分もいます。

わたしはずっと気になっていました。
息子の成長が同じ頃生まれた子たちより遅いこと。
でもそれが、専門家の手が必要なほどなのかは全く分からず。

息子は比較的おとなしく育てやすい子だったので
周りに相談しても大丈夫と言われてばかりでした。

以前ならきっと、毎日泣いて泣いて
将来を悲観して何が悪かったんだろう?
と自分を責めてたと思います。

でも、いまのわたしはすんなり受け入れることができています。

これも、やっぱりモノを捨てたおかげかなぁと思います。
モノから離れることによって
人をうらやんだり、比べたりすることもなくなり、
シンプルに物事を考えられるようになりました。

いまは夫婦で発達障害について勉強を始めています。
分からないことは、本を読む。
これも習慣としてもう身に付いていて。

ちなみに息子は毎日笑顔でとっても楽しそうです。
ふしぎなことするなぁと思っていた息子の行動も、
本を読んでなんとなく納得。
これからはもっともっと息子を観察することが増えますね。

まぁ一歩ずつです。

結婚は修行らしいですが、子育てはもっと手強い。
子どもは思い通りにはいかないよ、
と姉に言われた言葉が若干身にしみます。(笑)

心理士さんに教えていただいた本。
あたし研究

はじめてみようことばの療育

わたしが最初に買った本。
発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ

いつもお読みいただきありがとうございます。

<メルマガ配信しています>
携帯メールでは届きませんので
PC・フリーメールをご利用ください。
自分らしく 豊かな空間と人生が整う メルマガの購読申し込みはこちら