思い出のあるものを処分する

kaden3

ビデオテープって持っていますか?

今はほとんどDVDかブルーレイですが、うちにはまだ
ビデオがテレビにつながっていて、いつでも見れます。
もちろん夫の所有物。。

とは言いつつ、わたしもビデオテープを10本ほど
持っていまして。
この前やっと処分しました。

これは思い出が捨てられないパターンかな、と思います。
ビデオテープはDVDより劣化が早いし、
もう見れないものもあったかもしれません。
それでも捨てられなかったのは、思い出があったから。

最初は勢いで処分することも多かったですが、
今はいらないな、と確認してから捨てるようにしてます。

手紙や写真を捨てるときは、なんとなく感傷的に
なっちゃうこともあったのですが、
最終的にはいらないものになることが多いです。

ないと困るものではないので、
よほどの理由がない限り、置いておきません。

モノは捨てても思い出は残る。

そう思ってからは、スパスパ処分できるようになりました。
夫からのプレゼントも多かったですが、今使うモノや
身につけてるモノ以外は処分しました。
プレゼントを買ってもらうことはなくなり、
自分の気に入った物を自分で買うことが増えました。

モノへの執着がなくなると、人にも執着しなくなる。
自分は自分、人は人、と割り切れるようになって
比べたりすることはなくなってきましたね。

断捨離すると新しい世界が見えてくる。
それが断捨離の面白さかなと思います。

本日は以上です。
お読みいただきありがとうございます。

無料メルマガ
『片づけからはじめる自由な人生の歩き方』
登録はこちら
ご登録いただいた方には
わたしがどのように捨てていったか
レポートをプレゼント中です。