モノへの考え方が真逆の夫婦でも変わっていきます

4cf6d3e02247fd020cf830099cee00d7_s

あなたは新品派ですか?
それともリサイクル派?

わが家はもっぱら新品です。
これは完全に夫の影響です。

わたしは正直なところ中古でも気にしません。

家も中古物件検討しましたし、
リサイクルショップや古本屋さんも
特に抵抗はありません。

ですが夫は新品派で
それは感心するほど徹底しています。

例えば一人暮らしのマンションも
ずっと新築でした。
結婚して一緒に暮らし始めたときも新築。
家を買うときももちろん新築。

車は持ってないですが、
中古車は考えられないそうです。
「古いモノに興味はない」と言い切っていました。

ここまでくると逆に清々しいです。(笑)

夫は新しい状態で買って
長く愛用しつづけていく人です。

例えば服とか
10年以上愛用しているTシャツがあったり。
すり切れているのを見かけて
声をかけたこと何度もあります。(笑)

お気に入りのモノは簡単には手放しませんし
壊れても修理できないか必ず試す。
いつか直すかもと置いてあったり。

わたしたち夫婦はモノに対する姿勢が真逆なんです。

わたしは使い切り派で
モノへの執着は薄いです。

これは断捨離してどんどん進んできています。

財布は3年で買い替えますし、
服や下着は定期的に入れ替えています。
靴やバッグは傷むまで使いますが
修理したことはないです。

壊れたらそれで終わり。

大事には使いますが、
それ以上の感情は持ちません。

こんなにモノへの姿勢が違うわたしたちですが
それでもお互い影響し合っています。

わたしはリサイクルショップや古本屋さんに
一切行かなくなりました。
お気に入りのモノが壊れたら、
夫に直せないか相談してみたり。

夫はまったく捨てない人でしたが、
不用品を少しずつ
処分できるようになりました。

モノに対する姿勢が真逆でも
影響を受けて変わっていきます。
時間は少しかかりますが。

人を変えようとするなら
自分が変わるのが一番近道ですね。

たった1分で人生が変わる 片づけの習慣 (中経の文庫)

いつもお読みいただきありがとうございます。

<メルマガ配信しています>
携帯メールでは届きませんので
PC・フリーメールをご利用ください。
自分らしく 豊かな空間と人生が整う メルマガの購読申し込みはこちら