嫌いだった掃除が好きになった理由。イヤなことはやらないという選択

492322

以前は嫌なことも気合いで
乗り切っていたわたしですが、
1年ほど前からがんばるのやめました。

気合いを入れなければできないことは
最初からやらない。
嫌いなことはしない。
そう決めたら、ずいぶんラクになりました。

じゃあ嫌いなことを
やらないといけないときはどうするか?

例えば
「掃除が嫌いだったらやらなくていいのか?」

答えはノーですよね。
家事サービスをいつも頼める人なら
いいのかもしれませんが。

掃除は避けて通れません。
わたしはまさにそんな掃除嫌いな主婦でした。(笑)

嫌いな掃除を乗り切る方法。

わたしは頭を使いはじめました。
”掃除をどうすれば楽しくできるか?”
”キライなのは一体どんな作業なのか?”
とことん突き詰めていきました。

そうして考えていくと、
掃除そのものが嫌いではないことにまず気付きました。

拭き掃除はすごくスッキリしますし、
キレイに整理するのも実は好きです。

わたしが掃除の中で嫌いなのは
掃除機の音。
だから掃除機をかけるのはあまり好きではありません。

なのでお掃除ロボットルンバを購入。
(外出時に掃除してもらう)
音が出ない掃除道具、
昔ながらのホウキを使ったり。

モノがごちゃごちゃで掃除するのが
億劫なのだと気付いて、
部屋に置くモノを減らしたり。

まとめて掃除するよりも
ついで掃除を取り入れるほうが
格段に気持ちがラクになると気付いたり。

そうやって一つずつ試していき、
いまでは掃除が楽しめるようになりました。

気合いで乗り切っていたときは
なにも考えていませんでしたが
まず考えてみることを試したら
乗り切る方法はいくらでもあると気付きました。

嫌いなことには必ず理由があります。

それが分かると
解決策も一気に見えました。

なにもかもすべてが嫌いなことは少ない。
何にでも好きな部分はあるので
それを大事にしています。

掃除の強い味方。
お掃除ロボット
iRobot 自動掃除機ルンバ

わたしが愛用しているホウキ
山本勝之助商店 七玉長柄箒

ラクな掃除のやり方はプロが知っています。
“世界一”のカリスマ清掃員が教える 掃除は「ついで」にやりなさい!

いつもお読みいただきありがとうございます。

<メルマガ配信しています>
携帯メールでは届きませんので
PC・フリーメールをご利用ください。
自分らしく 豊かな空間と人生が整う メルマガの購読申し込みはこちら