実家のモノの多さが気になっても、なにもしない

01ad042d1da9ab36423e77b036bdfb3b_s

実家に帰省して家に帰ってくると
モノが少なくなったなぁと思います。
実家はモノが多いので
余計にそう感じるのかもしれません。

断捨離を始めた頃は
実家のモノが多いなぁと気になりましたが
いまはそれほどでもありません。

少しずつですがモノが減っています。

わたしの影響?だったら嬉しいですが
そうでもないです。(笑)

両親も二人暮らしになって
仕事も引退し、少しずつ家の中を
整理し始めたようです。

両親の片付けを観察して気付いたこと。

使わなくなったものから捨てる。
反対に使えそうなモノは一切捨てない。
あと、すごいなと思ったのが
相談しながら捨てていたこと。

わたしは自分がいらなかったら
さっさと捨ててしまう方なので
見習いたいです。(笑)

わたしの親の場合は
スッキリした家に暮らしたい気持ちと
身体が元気なうちに片付けたい気持ち
があるようです。

わたしも最近は
帰る度に自室だった部屋をのぞいて
私物を捨てて帰っています。
まだあるんですよね。
実家の場合は湧いて出てくる感じです。(笑)

自分のモノは自分で捨てる。
これは断捨離の基本なので。
一気に片付けると嫌がるので
少しずつやっています。

ただ、両親の片付けには一切口を出しません。
「重いものは手伝うよ」
と言ってあるくらいです。

断捨離して最初の頃は
自分がどれだけ楽になったかを
熱弁していましたが
最近はそういうこともなくなりました。

片付けの仕方は人それぞれ違うと気付いたからです。

捨てる程度も人それぞれです。

わたしはなにもない部屋が好きですが
一般的でないことは承知していますし。(笑)

親がスッキリしたなぁと感じるような
空間になることを願っています。

わたしはこれからも
シンプルを突き詰めて
なにもない部屋を目指します。

親の家の片付けには準備が必要。
親の家は片づけるな。

いつもお読みいただきありがとうございます。

<メルマガ配信しています>
携帯メールでは届きませんので
PC・フリーメールをご利用ください。
自分らしく 豊かな空間と人生が整う メルマガの購読申し込みはこちら