夏服の断捨離。捨て基準を明確にすると、すごくラクになります

92e656ca140bfeccead69bb695a71106_s

夏もそろそろ終わりに近づいてきたので
服の断捨離の時期になりました。

わたしのアウターを除く服の捨て基準。

まず2年着た服を捨てます。
よほど気に入ってるものを除いて
残しません。

わたしはユニクロやGUで買うので
基本ワンシーズン着倒して終わりが多いです。
次のシーズンまで残すと
たいてい部屋着になってしまいます。

部屋着は必要ないので捨ててます。

次にあまり着なかった服を捨てます。
ワンシーズンで2、3回しか
登場しなかった服。
これは残しておいたワンピースや
パンツである場合が多いですね。

なにかしら着にくい理由があるんですよね。
丈が合わないとか形が古くなったとか。
飽きちゃうときもあります。

次にトレンドを抑えた服。
今年で言えばオールインワンでしょうか。
1枚買って着倒しました。
来年は着ないので処分。

夏は服が薄いので
全て入れてもチェストも余裕ありますが
捨てると本当にスカスカになります。

これがものすっごく気持ちいい。(笑)

衣替え前に断捨離しておくと
衣替えがラクになりますよ。

最初は衣替えと断捨離を
同時にやっていたんですけど
出すものと入れるものがあるので
時間がかかるんです。

でもあらかじめ捨てておけば
しまっていくだけなのですぐ終わります。

わたしは衣装ケースを使って
衣替えをしているんですが
衣装ケースに残す服も年々減っています。

服は最大2年で捨てる。
トレンドものはワンシーズン。

これを取り入れてから
わたしの捨て基準が
かなり明確になりました。

この本も捨て基準明確です。
書き出すのは良いですね。
クローゼットの引き算

いつもお読みいただきありがとうございます。

<メルマガ配信しています>
携帯メールでは届きませんので
PC・フリーメールをご利用ください。
自分らしく 豊かな空間と人生が整う メルマガの購読申し込みはこちら