あんなにモノにこだわっていたのに、どうでもよくなってきました

5cf8e87f9843a22319fabde7af329e2a_s

断捨離していたら、
こだわり減ってきました。

正確に言うと
最初捨て始めの頃は
こだわりがドーンと出てきました。

一つしか持たないならこれにしよう、
絶対これが欲しい!

逆に物欲が強くなった時期もあります。
量より質と思い込み、
より良いものへの物欲が出てきたんです。

でも今年で3年目を迎えている断捨離。

だんだんとなんだか
どうでも良くなっている・・?(笑)

モノへの執着が強い方だと思ってましたが
いまはそうでもないです。
手放したくない
と思うモノはあんまりありません。

どうしてこうなったのか、
自分でも不思議に思います。

最初はこう思っていました。
お気に入りだけに囲まれて生活したい。
そうなったらどんなにステキだろう、と。

でも現実には
お気に入りが増えてるわけでもなく、
より実用的なもの、使いやすいもの
が残っている印象です。

モノにこだわりがなくなって
わたしはより暮らしやすくなったし
逆に迷うことも減ってきています。

好きなモノはそれほど多くない。

以前は100点のモノを探しまわって
ヘトヘトになっていたけど
いまは70点で合格点ならOKになりました。

自分にとっての理想を探すのは難しい
とやっと気がついて
すこし肩の荷が下りました。(笑)

わたしはどこででも生活できるくらい
フットワーク軽く生きていきたい
という思いがあるので
そんな風になってきたのかもしれません。

自分が必要なモノには
どうやっても出会える。
がんばって探さなくても大丈夫。

いまはそんな気がしています。

いつもお読みいただきありがとうございます。

<メルマガ配信しています>
携帯メールでは届きませんので
PC・フリーメールをご利用ください。
自分らしく 豊かな空間と人生が整う メルマガの購読申し込みはこちら