高級なボディーソープはいらない。牛乳石けんが一番です

断捨離する前までは
ボディーソープもいろいろな種類を試し、
高級なものも
使っていたりしたのですが。

シンプルライフを目指すようになって
身体にもシンプルな石けん
を使うようになりました。

img_9698

昔ながらの牛乳石けん赤箱です。

某コスメ口コミサイトでは
洗顔石けんとしても人気があるそうですね。

お風呂に入ると
懐かしい香りに毎度癒されております。

息子などは頭から足の先まで
全身石けんのこともあるくらい。
ちょっと髪はきしみますが
洗い上がりは変わりません。

これを使いだしてから
余分な香料がないせいか、
子どもの汗臭さもシンプルな臭いに
なった気がします。(笑)
あくまでわたしの主観ですけど。

わたしは乾燥肌で
どんなボディーソープでも
すぐにかゆくなってしまいます。

なので石けんのシンプルな成分が合うのか
かゆみも少しマシになりました。

赤箱はクリーミーな泡です。
スクワランが入っているから
肌がしっとりするとか。

液体のボディーソープは
肌への刺激が何倍も強いそうです。
わたしもどんなに肌に優しいものを
使っても、ダメでした。

最初は石けんてどうだろう
と思っていましたが
いまはこれが一番です。

一生使い続けたいな、と思う商品の一つです。

赤箱の歴史はもう88年になるそうで。
ずっと作り続けてほしいです。

コスパも良く、成分もシンプル。
見た目もシンプル。
どこでも買える手軽さもあります。

牛乳石鹸

お読みいただきありがとうございます。

<メルマガ配信しています>
携帯メールでは届きませんので
PC・フリーメールをご利用ください。
自分らしく 豊かな空間と人生が整う メルマガの購読申し込みはこちら