夫は断捨離しないけど、わたしの断捨離は理解してくれています

085751

わたしが断捨離することを、
夫は一定の理解を持って見てくれています。

夫は捨てない、捨てられない人です。

最初の頃は
捨てる量が凄まじかったので、
「面食らっている」と言ってましたね。(笑)

やっぱり不穏な空気が流れるときもあります。

わたしが捨てていて、自分が捨ててないと
「モノをもつことに罪悪感を感じる」
と言われたこともありますし。

自分が断捨離して家族にもしてほしいけれど
どう言えばいいのか分からない、といった
お話はよくありますが、
わたしは気になったらまず話すことにしています。

最初は気にしても仕方ないからほっておこう、と
思いましたが、自分の性に合わなかった。(笑)
なので話します。

とは言え、捨てろとは言いません。

自分のやってることを説明し、理解してもらう。
理解できなくても、なぜやっているのかを分かってもらう。

夫にはそうしてきました。

夫は捨てられない人ですし、断捨離する気もないようです。
それでいいんです。

わたしと夫は違う人間ですし、
夫婦といえども合わせられないところはあります。
すべてわかってもらおうとは思いません。

でも、どうして断捨離を始め、
今も続けているのか

これを分かってもらっているだけで、
不穏な空気は消えますよ。

何をやってるのか分からないのが一番イヤですよね。

だから理解できないかもしれないけど、話します。
やっぱり思いは言葉にしないと伝わらないと思うので。
断捨離本読んで面白かったこととかも話しますよ。

オチもないつまらない話でも、
聞いてくれるのが家族ですよね。(笑)

そんな夫にいつも感謝しています。

以前よりもスッキリしてきた部屋に、
少しでも気持ち良さを感じてくれれば、それでいいかな。

わたしは断捨離が趣味化してきているので
そんなわたしをぬるーく見守ってくれています。

時折、え?それ捨てるの?って時もありますが。(笑)
一緒に使ってるモノは捨てる前に必ず確認をとる
これは必須ですね。
黙って捨てちゃダメですよ。
後が大変になりますから。(笑)

本日は以上です。
お読みいただきありがとうございます。