我が家の貯金事情。現金はいくら持ってればいいのか?

02b0bc6795ac199bc070e59ae6f06e7a_s

我が家の貯金事情について少し書いてみます。

一般的に理想の貯蓄率は2割と言われますが
これはクリアしています。

ここは手取り収入、環境、家族構成
によって大きく変わるので
特に気にしてはいません。

貯金の種類は
現金での貯金、保険、帰省の積立
が大きいところです。

お給料が入ってきたら真っ先に抜く
天引き制なので自動的に貯まります。
今年はここに投資項目も入る予定です。

現金は貯まったら繰り上げ返済に回します。
1年ごとですね。

なんですが、
”現金をいくらまで持つか”
というのが最近の夫婦の議題の一つ。

夫に
「仮に住宅ローン全額返せる現金
があったとして、返す?」と聞いたところ、
「置いておく」と返ってきたんです。

住宅ローンは団体信用生命保険が
入っていて保険が手厚いので
金利が大幅上昇しない限り
急いで返さない、とのこと。

数千万円の現金を置いておくのも
いとわない夫の姿勢・・・。
わたしは理解できません。(笑)

わたしたちは20年で住宅ローン完済
を目指そうとしていて
ある程度繰り上げ返済はしていくのですが
現金はいくらくらい持つのがいいのか
答えが出ていなくて。

夫の答えを聞いていると
1千万円くらいは現金であってもいい
と思っている感じに思いました。

現金貯金は1千万円目安になりそうですね。

”お金はいくらあっても困らない”
というのが夫婦の一致した意見なので
どんどん稼いでどんどん増やす、
が我が家の方針です。

いつもお読みいただきありがとうございます。