片付けが面倒なとき、疲れた時におすすめの本。

f7625a8cdf091011d84d3379526cc10c_s

最近読んで少し心を軽くしてくれた本を
紹介させてください。

断捨離3年目でもまだまだモノはあります

わたしは断捨離してもうすぐ3年なので
「もうなにも持っていなさそう」
と言われることがあります。(笑)

とんでもないです。

まだ自分でもたくさん持っているし、
自分では、少ないなぁ
と感じることの方が少ない。(笑)

食器やキッチン用品もいろいろあるし
ストックもあるし、
まだまだ減らせるのになぁと
いつも思っています。

ものを手放すことに対して
抵抗感は減っているのですが
なくなることはありません。

基本、面倒くさがりなので
片付けが面倒だなーって思うこともあります。

この前体調を崩してて
片付けできないときに読んだ
「収納が苦手」な人のための片づけ術。

ムリに捨てなくてもいいよ、
散らかっててもいいよ、
と言ってくれる本で
この本のおかげで片付けできない自分を
責めなくてすみました。(笑)

片付けできなくて落ち込む気持ち、よく分かります

なんで片付けできないんだろう
と落ち込むこと、
わたしも以前はとても多かったです。

自分でハードルを上げ続けて
一つも達成できない、というムダな完璧主義。(苦笑)

片付けに対する苦手意識は
誰かが変えてくれるものではないです。
自分で変えるしかない。

わたしはゆっくり断捨離しているので
変化もゆっくり。
自分と向き合いながら、
時に落ち込みながら進んでいます。

気持ちが片付けに向かないときには
本が助けてくれます。

これだけやったら
コレだけキレイになった!
すぐ片付くよ!みたいな本は
気持ちを助けてはくれない。(笑)

床に散らかった服を洗濯機に投げ入れ、
これだけできてえらい!
と自分に言えますか?
一気にハードル上げなくていい。
少しずつで大丈夫なんです。

片付け面倒、疲れちゃったな
というときにオススメの本です。

いつもお読みいただきありがとうございます。