子どもの発達障害に気づいて不安な気持ちを変えてくれたもの。

681340

こんにちは。

子どもが発達障害だと分かったとき、
わたしは泣きました。
覚悟はしていたんだけれど。

出てくるのは、不安ばかりでした。

治るのか?成長するのか?
普通の子と何が違うのか?
どのように子どもに接すればいいのか?

不安は、知らないことから起こります。

わたしはすぐに気持ちを切り替えて行動しました。

・ググって基本的な知識をつける。
・発達障害についての本を読む。
・お役所に療育について聞きに行く。
・入園前に園にも面談を申し込み。

そうやって知らないこと、分からなくて不安なこと
を一つずつ消していったんです。

すると、不安もだんだんスーッと
ひいていくのが分かりました。
自分自身も冷静になり、
子どもとも向き合う準備ができました。

”この子の気持ちなんて分からない”
と思っていましたが、
それは知ろうと努力してないだけだと気づき。

自分には笑わないのに
他人には笑う息子になぜ?と思ってたら
自分が全然息子に笑いかけてないことに気づき。

それじゃ笑わないですよね(笑)

いつも不安じゃ本当の笑顔は出ません。
愛想笑いじゃ子どもは笑わない。

・・・見抜かれてました。(苦笑)

親が笑えば子どもも笑うし、
親が怒れば子どもも怒るんです。
親が不安定なら子どもも不安定に。

魔法の言葉かけにも書いてある鏡の法則です。

療育についても様々な手法を調べ、
わたしはABAに興味を持ったので
それからはその軸を基本に子どもに接しています。

ABAで療育をがんばっているかというと
最近はそうでもなく、
むしろできてないことの方が多い。

でも今は問題が起こっても
解決策が分かるし、分析方法が分かる。

それだけで混乱は激減しました。

子どもの障害に向き合うのはツラい。
確かにしんどいことですけど、
分からないからもっとしんどいんです。
不安が広がるんです。

知識をつけることでわたしは
「息子は宇宙人じゃなかった」って思えたし
大丈夫って思えました。

はっきり言わないと伝わらない
ということも理解したので
いまは毎日「ママはあなたが大好きだよー」
と伝えるようになりました。
そしてスキンシップも意識的に。

息子もまんざらでもない顔をして
笑ってくれます。(笑)

自分が変われば相手も変わる。
特に子どもは親のことをものすごく見てますから。

知ることで変わります。
分からないことに怖がるよりも
まずは知識を。

発達障害の改善と予防: 家庭ですべきこと、してはいけないこと (実用単行本)

澤口 俊之 小学館 2016-01-27
売り上げランキング : 5451
by ヨメレバ

イラストでわかる ABA実践マニュアル: 発達障害の子のやる気を引き出す行動療法

藤坂 龍司,松井 絵理子 合同出版 2015-10-15
売り上げランキング : 6323
by ヨメレバ

お読みいただきありがとうございます。

無料メルマガ
『片づけからはじめる自由な人生の歩き方』
登録はこちら
ご登録いただいた方には
わたしがどのように捨てていったか
レポートをプレゼント中です。