発表会での様子と子どもに疲れた時の処方せん

合唱02

幼稚園で発表会がありました。

息子の様子はというと、
彼はなかなかの目立ちたがりで
ステージの前の方へ出て行ってしまう
ということを繰り返して
今年もヒヤヒヤでした。

去年はマイクを握ってオンステージに
してしまったので、今年は
マイクはダメだよと言い聞かせ。。

補助の先生に一人ついていただき、
息子の動きを注視してもらっていました。

集団行動が苦手なので
どうしてもウロウロしがちです。
合奏も歌も同じ場所にずっと立っている
というのが難しく、
課題を多く感じた発表会でした。

当の本人はとても楽しんでいたし、
泣いたりパニックにならずに
着替えもちゃんとできたし
良かったところもありましたが。

周りのお母さんたちからクレームがないか
いつも本当にヒヤヒヤしていますが
皆さん暖かく見守ってくださり
本当にありがたいです。

先生にはお詫びとお礼を言い、
ぐったりしながら帰ってきました。

夫も何か感じたことと思いますが
まだきちんと話せていません。
わたしの疲れが・・・。(笑)
週末にでも聞いてみようと思います。

息子についていけない時の対処法

最近はわたしがちょっと弱気です。
寒いからなのか思考も閉じ気味。

なので息子の自由なパワーに押されてます。

こういう時は、無理をしないこと。
人の助けを迷わず借りること
を意識しています。

ちなみにわたしがやってることを上げると

あったかいご飯を食べる
お風呂に一人でゆっくり入る
(今日は朝風呂にしました)
美味しいチョコレートを食べる
本を読む

一人でお散歩する
太陽の光を浴びる
ユーチューブでお笑いを観る
いつもより1時間早く寝る

一つ一つは小さいことなんですが
重ねるとジワジワとパワーチャージできます。

夫と子どもに合わせて
自分を犠牲にしないことと
自分のためだけに動いてみる
のが大事です。

お休みの日のお出かけでも
30分時間をもらってデパ地下の
美味しいパンを買いに行ったり
東急ハンズぶらぶらしたり
夫にわがまま聞いてもらってます。(笑)

息子への対応は本に頼っています

療育はABA(応用行動分析)を使い
家庭で行なっています。
(そろそろ専門家に頼ることも考えています)

わたしはナチュラルに子育てを楽しむ
というタイプではないので
自閉症の息子への対応は
基本的に本を読んで
専門家の知識を拝借しています。

でもね、わたしすぐ忘れちゃうんです。(笑)

怒ってはいけないところで怒り
褒めることもすぐに忘れてしまう。

だから定期的な本の読み返しが必要で。
分かってると思っても、
読んで発見することは未だに多いです。

この時間がないと
対応がうまくいかなくなる
ということも最近分かってきました。

温かいハーブティーを飲みながら
本を読み返しながら
息子への対応も軌道修正しよう
と思います。

まずは自分に集中。

ブログもやっと更新できそう。
落ち着いた日常が戻ってきそうです。

いつもお読みいただきありがとうございます。