息子の小学校進学について考える。来年度は療育に通います。

bd517b7c76f5da2370f9f87c70a28f34_s

春になり、進級が近づくと我が子について
考える時間が増えます。

息子も次年度は幼稚園年長になります。
というわけでそろそろ進学について
考える時期に入りました。

自閉スペクトラム症であることを考えると
こと学校(集団生活)に関しては色々考えがち。

ですがわたしは学校や進路に関しては
準備だけはしておいて、
その先のことまであまり考えない
ようにしています。

小学校は普通級か支援級(通級)か
どちらかになる予定です。

準備に関しては、
来年は1年間療育のお世話になること
を決めました。

専門家に頼ることで
色々相談できますし情報も取れます。
わたしが知らない息子の良い面を
教えていただけるかなと。

何より教えるプロなので
お願いしたいことはたくさん。笑

わたしはできることをさらに伸ばす
のは得意なんですが、
苦手をクリアさせるのが下手なので
そこを助けていただけるとかなり嬉しいな、と。

できることを伸ばし、
できないことをカバーする。
今までやってきたこの二つを
専門家の手も借りながら
これからもやっていくだけだと思ってます。

学校の枠にはめてしまうと
発達障害の子は、はみ出しがちです。
そして親もまた、しんどくなりがちです。

相談できる専門家は心強いですよね。

わたしは親自身が自由な発想を持つことにより
子どもにも自由を見せられると思っています。
なのであまり枠にはめず
柔軟な考えで子育てしていくつもりです。

この子なら大丈夫!

親として必要なのは
この気持ちだけだと思ってます。
何があっても信じきること。

これも子供から教えてもらったことですけどね。

実は勉強してるのはわたしの方です。

型にはまれないからその考えを捨てて、
ストレートに行けないからその考えを捨てて、
わたしのガッチガチな固定観念を
壊してくれたのは、紛れもなく息子です。

人と比べないってことも教えてくれましたね。
おかげで楽に生きられるようになりました。

人と違うって素晴らしいな
と息子を見ていて思う今日この頃です。

お読みいただきありがとうございます。

無料メルマガ
『片づけからはじめる自由な人生の歩き方』
登録はこちら
ご登録いただいた方には
わたしがどのように捨てていったか
レポートをプレゼント中です。