地震は突然に。震度5強を体験しました。

6月18日に地震がありました。
我が家は震度5強の地域です。

災害は突然やってくる
と言いますが、本当に驚きました。。
緊急地震速報が入る前に揺れ始めたので
心の準備もする間がなく。

ちょうど朝ごはんを食べていて、
地震がきた瞬間わたしたちが声をあげたせいで
子どもが泣いてしまいました。

地震後、何が倒れたか確認しながら
平静を装っても、足が震えていましたね。

我が家の被害状況

幸い被害と言っても
食器棚の中のワイングラスが一脚割れ、
寝室の照明カバーが外れて落ちたくらい。

IMG_2286

あとは、食器棚の引き出しが全て出たりとか
モノが少しずつずれたりとか。
縦揺れで横に大きく揺れる時間は短かったので
被害も少なくすみました。

どちらにしても、モノを少なくしておいて
やっぱり良かったと思いました。
棚の上にモノがないだけでも
落ちるものがないですし。

IMG_2289

夕方スーパーへ行くと
カップ麺は空っぽになりつつありました。
あと水とレトルトご飯もなかったです。

日頃からローリングストックしています

我が家では南海トラフ地震に備えて、
日頃からローリングストックをしています。

お水20L、トイレ100回分、カセットコンロと
ガス10本、食料など3、4日分は用意しています。
寒さよけのシートや使い捨てタオルなども。

お水はふるさと納税の返礼品。
長期保存水もありますが、
我が家は普通のものです。(消費期限2年ほど)

こちらはサントリーの長期保存水です。

トイレはBOSです。
これは消臭効果がかなり高いということで
迷わず選んでいます。

カセットボンベ

コストコでトイレットペーパーを購入しているため
こちらも何かの時にはストックが役に立つかな
と思っています。

あとは、処分したいけど
古いタオルも10枚ほど置いてます。

地震によって心はかなり動揺します。
そんな時、必要なものが家にあれば
少しだけ落ち着くことができます。

我が家では息子が自閉症ということもあり
大きな避難所へ行くことも
難しいかもしれないので、
家屋の損傷が激しくない限り、
できるだけ家にとどまれる環境をと考えています。

モノを減らしても、備えは減らさない。

この考え方でいいんだなと
改めて実感しました。

最後に。心に嘘をつかないこと。

いろんな方から心配いただき、
「大丈夫です」と返すんですが、
大丈夫、も言いすぎると疲れるんだなと
感じています。それがたった1日でも。

心はまだ不安でいっぱいの中、
大丈夫っていうのは心に嘘をついてるようで。
言い聞かせるよりも、怖い時は怖い
と吐き出した方がずっと楽になれますね。

不安な時、人間は呼吸が浅くなります。
なので定期的に深く呼吸もしています。
ゆっくり息を吐き切ると、少し楽になれます。

余震があっても怖いし、なくても怖い。
1週間はこんな状態が続きそうです。

今週は出かける予定は全てキャンセルし
できるだけ外出しないことにしました。
いつも通りを心がけ過ごそうと思います。

今日は雨が降っています。
土砂災害も心配ですが
1日でも早く平穏が訪れるよう祈るだけです。

お読みいただきありがとうございます。

無料メルマガ
『片づけからはじめる自由な人生の歩き方』
登録はこちら
ご登録いただいた方には
わたしがどのように捨てていったか
レポートをプレゼント中です。