発達障害児との旅行を楽しむコツ。

IMG_2733

恒例の沖縄旅行に行ってきました。
子どもが生まれてから行きはじめ、
今年で5年目になります。

息子は発達障害ですが
行動に制限はかけないようにしています。
普段からお出かけも外食もしますし、
旅行も帰省も怖がらずしています。

というのも、旅は息子の成長を感じられる
絶好の機会なんです。
わたしたちには欠かせないものとなっています。

周りに迷惑をかけないための必須アイテム

人に迷惑をかけずにいられるか
について一番注意を払っています。

欠かせないアイテムとしてはタブレット
お気に入り動画とYouTube。
行き帰りの飛行機や待ち時間、
食事が終わったときなどに活躍します。

最近youtubeが大好きなのですが
普段はあまり見せないようにしています。

なぜなら、自閉度が上がると気づいたから。汗
(動画はそれほどでもないのですが)

我慢できない、刺激を求める行動が増える。
じっとできない、話が聞けないなど。
YouTube動画は刺激が多いようで
日常でも刺激を求める行動が増えるんです。

一時的に自閉度が上がってもやめれば
平穏を取り戻すのですが注意しています。

予定はあまりつめない

わたしたちの旅は、予定をあまりつめません。
一日の目的は一つくらい。
例えば水族館だったり、海だったり。

午前中で予定が終われば、お昼ご飯を食べつつ
午後何するかを息子に相談する感じ。
自分のやりたいことを伝えてくれるようになり
コミュニケーションは取りやすくなりました。

今年は時間感覚を理解していたので
これも成長を感じました。

昨日今日明日、何日と曜日も分かる
ようになったので、予定を伝えられるように。
見通しを立てると不安が減るので
書いて説明したりもします。

乗り物に積極的に乗せる理由

人生を楽しむのに、交通機関は
一通り乗れるようになって欲しかったからです。

息子は嫌だと思ったらテコでも動かない(笑)、
一度恐怖心を持ったものを引きずる、
復活に時間がかかります。

もし飛行機が嫌だと思ったら、
もう一生乗らないかもしれません。

なので先入観持つ前に慣れさせてしまおうと。
飛行機に乗れれば海外にも行けるので
便利だろうなーと思ったんですよね。

普段から電車やバスを使う生活なのですが
車を持たないことも良かったかなと思ってます。

旅行を成功させるコツは実は一つだけです

それは、親が楽しむこと。

自閉症の子は敏感です。
小さな感情も全て伝わっています。
パパママがニコニコとしていることって
すごく重要なんです。

なので、まずは自分をご機嫌に。

わたしは自分が機嫌よく過ごすことだけ
考えていますし、そうすると自然と怒るより
笑うことが増えました。

旅行もホテル滞在も外食も、
実はわたしが好きなことです。笑
でも、息子を巻き込むことによって
彼も大好きになりました。

自分の好きなことを共有できると
楽しみはうんと増えますよ。

子どもへの指導はABAを参考にしています。
息子の問題行動を減らしたり、
わたしがガミガミ子育てをやめられたのは
ABAのおかげです。

発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ (健康ライブラリー)

イラストでわかる ABA実践マニュアル: 発達障害の子のやる気を引き出す行動療法

お読みいただきありがとうございます。