息子の時間へのこだわり。実はわたしの問題でした。

a249633e05fb88319d10ca5d04312bab_s

わたしの息子は発達障害です。

発達障害の子には
さまざまなこだわりがあったり
他人には理解しずらい
独自ルールを持っていたりします。

我が息子のこだわり、それは”時間”です。
最近の新たな課題は、遅刻。

例えば約束の時間に遅れる、
自分が思っていた時間と違った
決めていた時間にできなかったとかも
一度時間を守れないと
切り替えるのに時間がかかるのです。

実際どういう状態になるかというと
30分大号泣とか、泣き叫び続けるとか
自分がダメだと責め続ける。
ごめんなさいと謝り続ける。

息子は時計が読めるので
時間に対しての理解はあります。

そして、一度決めたら
てこでも動かない頑固なところもあります。
もちろんここでも主張するのに
泣き叫びは併用。苦笑

・・・ちなみに
今日なぜこの記事を書いたのかというと
その理由で息子が幼稚園休んだからです。
”朝決めた時間に起きれなかったから”
という理由で。

続けざまにくる事象はサインです。

これは、息子の問題ではなく、
実はわたしの問題です。
”時間”はわたしの課題。

例えば夜寝るのが遅くなってしまって
朝なかなか起きれないとか、
10分前行動したはずなのに
時間がギリギリになってしまうとか。

完全にわたしのあるあるですから。苦笑

家族の場合、問題はつながっていることが
多いです。
それを自分が解決できるだけで
子どももスムーズに進み出す
というのはとてもよくあることです。

片づけに関しても、実は同じ。

起こることには全て理由があります。
宇宙は完璧なタイミングで
向き合う課題を用意してくれます。

今日は奇しくも乙女座満月。

乙女座は規則正しい生活リズムに整える
のにもってこいな星です。
そしてまた、何かを手放すのにも最高。
本当に完璧ですね。笑
今日から夜は早めに寝ることにします。

いつもお読みいただきありがとうございます。