学校に行かなくてはいけないを手放す

c99a4a52022f56b73a5e478679a9c267_s

発達障害の息子が
小学校に入学しました。

初めてが苦手な息子、
慣れるのに毎日がんばっています。

息子を育てながら、
わたしは学校は
”行っても行かなくてもいい場所”
に設定し直しました。

選択する自由は誰にでもあります。

”絶対に学校に行く”
とわたしが思っていると
子どもにプレッシャーをかけるだけ。

言わなくても伝わります。
そして思ってるとつい言っちゃいます。(笑)

逆に、親の声かけひとつで
子どもの肩の荷を下ろすこともできます。

学校に行かなくてはいけない

という思い込みを手放して
ラクになれるのは
子どもだけではありません。
親の方だったりもします。

わたしもどちらでもいい
に変えたのでだいぶ楽になりました。

そちらの道しかない
と思うから追いつめられます。

どちらでもいいんだよ
と言ってあげるだけで
選択できることを教えるだけで
安心することもありますよね。

良い悪いではなく、どちらも選べます。

いつもお読みいただきありがとうございます。